条件を確認してから転職しよう|ヘッドハンティングなら事前に調べる

住居込みの仕事を探そう

集合住宅

東京で仕事を探す場合は、住み込みにするのもお勧めです。住み込み有りの東京の職場にもいろんな待遇や勤務スタイルがあるので、勤め先探しには困りません。ただしそれぞれ住居の条件が違うので、応募する前に必ず確認するようにしましょう。

もっと見る

仕事内容は幅広く求人多数

男性

製造関連に転職する方の多くは環境面やスキルアップについて考えてのことで、他に住み込みを希望しての方も少なくありません。製造関連への転職を希望する場合は資格や経験がある方が有利な傾向で、可能な限り資格の取得や経験を積んでおきたいものです。

もっと見る

人気の接客職業

女の人

接客が好きだけれどお客さんと対面で会うのは苦手と言う方にとって、電話で働けるコールセンターは人気です。求人に受かるためには正しい日本語のマナーを守るようにしましょう。コールセンターの中には苦情に対応するだけでなく通販の受付のようなルーチンワークをこなすものもあります。

もっと見る

転職を持ちかけられる場合

スーツの人

対外交渉の職種が選ばれる

転職する方法には自分から転職エージェントに登録する場合と、ヘッドハンティングによって相手から転職を持ちかけられる場合があります。ヘッドハンティングは転職の意思がなくても、話が持ち込まれます。その意味では消極的な転職法といえます。どのような業種がヘッドハンティングされやすいかというと、外部の企業との交渉をしたり営業をしたりする職種についている人です。なぜかというとある会社がヘッドハンティングで人材を採用するのは、対外的な交渉能力などを必要とするからです。企画や開発や経理などは自社で育った社員の方が適しており、対外的な仕事は途中から採用しても効果を上げやすいのです。ヘッドハンティングの誘いでは、年収の条件や労働条件などを具体的に提示されます。提示内容は交渉によって有利に進めることもできます。

能力を認めてくれる喜び

ヘッドハンティングされるということは、それだけ能力を認められたということです。もしも現状に不満足な場合は能力を認めてくれる企業へ移った方が、仕事がしやすくなりますし満足度も高くなります。断る場合は、絶対にヘッドハンティングされたことを知られないようにすることが大事です。密かにヘッドハンティングを期待していても、エージェントの目に止まらなければ声はかからないのです。有用な人材を求めている企業は、ヘッドハンティング専門のエージェントに依頼するわけです。エージェントはインターネットを利用したリサーチや、上場会社などの組織図や系図などを調査し、適切な人物をピックアップするのです。ですからある程度の成果を上げていれば自然と評判は業界内に広まり、ヘッドハンティングの対象になりやすいのです。

Copyright © 2017 条件を確認してから転職しよう|ヘッドハンティングなら事前に調べる All Rights Reserved.